必見ノートの中古パソコン購入について

ノート型のパソコンの購入を考える際、新品と中古のどちらがいいか悩む人も多いでしょう。他人が使ったものは絶対に嫌だという人や、最新のものが欲しいという人は新品を選ぶしかありませんが、特にそういったこだわりがない場合は、中古パソコンも選択肢に入ると言えます。中古のメリットは、何といっても新品より安いということで、一番安いものだと1万円前後の価格からあるため、かなりリーズナブルだと言えるでしょう。中には中古でも価格の高いものもありますが、それはもともと高い価格だったからであり、同じ型の新品と比べると、もちろん安くなります。それに、最近では高性能なパソコンも多いため、安い価格でより高性能なものを手に入れるということも可能です。また、中古であればキズが付いたりすることを気にせず使えるため、外に持ち出して使う場合などにも向いていると言えるでしょう。

OSの有無やバージョンを確認しよう

ただし、ノート型の中古パソコンを購入するときは、新品を購入するときとは違う注意点があります。まず挙げられる注意点は、「OSの状態がどうなっているのか確認する必要がある」ということです。そもそもOSが入っているかどうかということも重要ですが、OSのバージョンがどれなのかということにも気を付ける必要があります。OSにはサポート期間が設けられており、その期間を過ぎるとサポートが受けられなくなってしまいます。ですので、そのバージョンのOSに設けられたサポート期間がいつまでなのかということや、期間が短すぎないかどうかといったことを確認しておく必要があるでしょう。もし、どのOSのバージョンを選んだらいいか分からないと言う場合は、最新のバージョンを選んでおくのが無難だと言えます。

ジャンク品を避けパソコンの状態を確認しよう

ノート型の中古パソコンを購入するときの、その他の注意点としては、「ジャンク品を避ける」ということや「パソコンの状態を確認する」ということが挙げられます。まずジャンク品は、激安で販売されているため、お得だと思う人もいるかもしれませんが、ジャンク品というのは動作保証が無いものを指しているので、パーツを取るなどの特別な目的以外では購入を避けるべきでしょう。そしてパソコンの状態に関しては、店舗へ出向いて直接選ぶ場合は、自分の目で確認したり、店員に質問するなどして確認することができますが、ネット通販の場合は、それができないため注意する必要があります。ですがネット通販のショップでも、液晶の劣化やキズ・汚れなどについて説明している場合や、状態の良し悪しをランク付けしている場合もあるため、そういったものをよく確認するようにしましょう。