ノートの中古パソコン購入において知っとこ

新品のノートパソコンよりも手頃な価格で購入することが出来る中古パソコンですが、購入する前にはいくつか知っておいた方が良いことがあります。知らずに購入してしまうと、お金のムダとなってしまう可能性もあります。まず、パソコンをどのような場面で使用することが多いのかを明確にする用にしましょう。電源のないところで使用する場合には、バッテリーの性能を確認する必要があるでしょう。バッテリーは、使用していなくても、経年劣化により性能が徐々に低下するものです。発売されてから時間が経過している場合には、バッテリーのみでパソコンを操作することが出来る時間が非常に短い可能性がありますので、注意が必要です。また、用途によってパソコンに求めるスペックには違いがありますので、確認をしましょう。

購入方法は2つの方法に分けることが出来る

ノートの中古パソコンを購入するという場合、実物を見て購入する方法と、インターネットサイトなどから実物を見ない状態で購入する方法があります。実物を見て購入することのメリットとしては、その場で不具合や傷などの有無を確認することが出来るということでしょう。状態を目で見て確認することが出来るという事が最も大きなメリットです。一方、インターネットサイトなどを利用して購入するメリットとして挙げられるのは、安く購入することが出来るということです。同じ製品、同じような状態であっても、インターネットサイトを利用したほうが安く購入することが出来る事が多いようです。ただし、実物を確認することは出来ませんので、購入をする前には不明点などがあればしっかりと確認をしましょう。

購入前後に確認するべきこととは

ノートの中古パソコンを購入する時には、保証期間や内容について確認をしましょう。ショップで購入するのか、個人から購入するのかによっても異なりますが、個人間の売買であれば、保証はないと考えたほうが無難です。また、ショップから購入する場合には、ショップによって、保証期間には違いがあり、3か月程度と短いものから購入後一年間の保証期間を設けているところもあります。パソコンを購入したら、すぐに状態を確かめるようにしましょう。万が一、購入時の説明とは異なる状態の製品である場合には、早めに連絡をするようにしましょう。そして、性能・動作に問題がなければ、リカバリーディスクの作成やOSのアップデートなど、快適にパソコンを使用することが出来るような操作を行うようにしましょう。