ゴルフコンペの景品の種類について

社会人の方でゴルフに興味を持ったきっかけがコンペだったという方は多いのではないでしょうか。コンペというのはコンペイションの略称で、身近な人同士で行なう簡単なコンテストや競技会のことです。参加者で分かれて簡単に点数を競うコンペですが、会社の付き合いなどでゴルフに参加するという方が多くいます。そのときに場を盛り上げるため、簡単な景品を用意しているところも珍しくないでしょう。競技で勝利したチームには景品がプレゼントされるとなれば自然とやる気も出てきます。そこでゴルフのコンペを主催する側の人たちはどのような景品を用意すれば喜ばれるのか頭を悩ませています。そんな方たちにどんな景品が人気になっているのか簡単に紹介していきます。予算を考慮して景品を選んでみると良いでしょう。

用意していて損はないコンペの景品

コンペの景品として用意しておいて損はないものには、食品類があります。優勝者にはちょっと豪華なお肉や、麺類などの日持ちがするものが喜ばれることが多いです。食品というのは基本的にもらって困るものではありませんし、誰にでも喜ばれる無難な景品となっています。また同様に、もらって困らない消耗品も喜ばれることが多いです。家庭によってこだわりはあるでしょうが、洗剤や入浴剤などのアイテムも人気な景品の一つです。また、景品のまとめセットなどを購入するとお手軽に景品をそろえることができます。セットの中にはゴルフをイメージして作られたアイテムがいくつかあり、ゴルフせんべいやゴルフ製氷皿などといったユニークなアイテムも入っているものがあるので、場を盛り上げるためのアイテムとして活用することもできます。

競技のルールを決めておくことも大事

ただゴルフをするのではなく、景品があるため細かいルールなどは事前に計画しておかなければなりません。コンペを行う日程や、当日の集合時間、開会式や閉会式の準備をしておく必要もあるでしょう。面倒だからと省くのではなく、しっかりと計画しておくことが信頼関係を構築する上でも大切なことになっています。また、景品の中にお肉などの生物を用意している場合は、それらをどのように保管しておくかも考えておかなければなりません。ゴルフはすぐに終わるスポーツではありませんし、人数が多ければ多いほどかかってくる時間も長くなるので、特に夏場などは慎重に保管しておく必要があるでしょう。このように景品意外にも考えておくことはたくさんあるので、細部までしっかりと計画してゴルフのコンペを開催するようにしましょう。